チャネリングとは

スピリチュアル関係に興味のある人は、「チャネリング」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。チャネリングとは、一言で言うと「高次の霊的存在」などと交信し、その情報を伝達するということです。種類や方法はいくつもありませんが、日本では、「イタコ」や「口寄せ」というのも降霊をさせて、その内容を伝達しているので、ひとつのチャネリングと言えるでしょう。

チャネリング能力は、人間は誰でも持っていると考えられています。例えば「何となく悪い夢を見た」ということが現実に起こることは、チャネリングで高次元の部分から交信していると言われているそうです。このような人間本来が持った力を引き出し、チャネリングが出来るようになった人をチャネラーと呼んでいます。チャネリングの交信する相手は、高次元の意識体と呼ばれています。そのため、霊媒師が「今日は霊が降りなかった」と失敗するようなことはまず有りえません。もしチャネリングの失敗がある場合は、そもそもの技量不足である場合や、コンディションが悪い場合が考えられます。チャネリングをする能力のない、いわゆる「自称チャネラー」は、困った時に「今日のチャネリングは失敗だった」と言うことがありますが、これはあくまで逃げ道として使っているだけということが多いです。良いチャネラーと出会えれば、自分が本当に望んでいたものは何なのか、自分はどうしたかったのかの答えを探す手助けになるでしょう。また、高次元の存在は、霊と違って「悪霊」がいるわけではありません。間違って悪いものが憑いてしまった、体を悪くしてしまったということもないそうですので、安心してチャネリングを受けることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です