正しい答えの引き出し方?

鑑定を受ける際には、気をつけなくてはならないことがあります。質問の仕方によっては、結果が変わってきてしまう可能性があるからです。

初心者は、仕事運や恋愛運について聞きたい、という人も多いと思います。このような漠然とした聞き方は、あまり良くないと言えます。

できる限り簡潔で明瞭な質問を心がけましょう。

たとえるなら、「A社とB社では、どちらで仕事をする方が、利益が得られますか?」というように、具体的な名前まで出して質問をする方が好ましいでしょう。

この質問であれば、「仕事で利益を得たい」というクライアントの意思も伝わりますし、「A社とB社の二つの会社から仕事の依頼がきている」という現状も、鑑定者に伝わります。

そうすれば、「お金をすぐに欲しいのであればA社。長い目で見ればプラスになるのはB社」などと、鑑定者から的確なアドバイスがもらえます。

鑑定者は、クライアントから受けた相談を、そのまま神様や宇宙に投げかけているそうです。これに対して、神様も宇宙も返事をしてくれるので、具体的な情報がある方が、アドバイスがしやすいのです。一般の人同士でも、相談をする時は、情報が必要であるのと同じ理屈です。

ですから、相談をする時は、できるだけ具体的に話した方がいいでしょう。

また、「ABでは、どちらがいいですか」というような、答えが二者択一になるような質問を考えておくことも一つの手と言えます。人生において「ここぞ」という時は、必ずきます。そのタイミングで明瞭な答えをもらうためには、相談者にも準備が必要です。

また、鑑定をする場合は、ほとんどが時間制です。その場で質問を考えているだけの時間はありません。相談をする前に、質問を箇条書きにしておくことも忘れないでおきましょう。

人気のある鑑定者であれば、予定がぎっしりで、時間の延長もできません。焦って聞きたいことを忘れないように、質問の優先順位も決めておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です