様々なセラピーについて

透視リーディングは、クライアントの見えない情報を、読み取りながら、カウンセリングをします。透視リーディングをする人のことを、スピリチュアル・カウンセラーと呼びます。見えないものを見る力を開発しています。

透視リーディングを行うことで、悩みの解決策を提案したり、クライアントが気づいていない課題を指摘できたりします。
魂の使命や、人生の目的などの情報も、透視リーディングで読むことができます。

また、アカシック・レコードリーディングとは、「アカシック・レコード」という領域をリーディングして、カウンセリングを行います。

アカシック・レコードは、宇宙の図書館とも言われています。クライアントの人生のすべてが記録されています。アカシック・レコードリーディングでは、宇宙の図書館からの情報を読み取って行きます。

アカシック・レコードには、クライアントの過去世・現世・未来世の記録があります。その情報を知ることで、精神的に成長して、充実した人生がおくれるようになると言われています。

アカシック・レコードリーディングをする人も、スピリチュアル・カウンセラーと呼ばれています。

また、チャネリングを行う人を、チャネラーと呼びます。チャネラーは、クライアントの守護神や守護霊、神、女神、天使、アセンデッドマスター(高尚な魂を持った天界の住人)から、情報を受け取ります。

チャネリングは、光の言語と呼ばれる、地球の言語以外の音や、音楽を介したり、絵を描いて伝えることもあります。
チャネリングは、人生の使命や目的を伝えることで、クライアントの魂の進化をうながすことができると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です