スピリチュアルコーチングを仕事にするためには、どうしたらいいの?

スピリチュアルコーチングで仕事をしようと思ったら、マインドセットが大切になってきます。マインドセットとは、自分自身の在り方のことを指します。これには、五つのポイントがあります。

一つ目は、目に見えない世界が存在しているという事実を、信じる力です。目に見えない世界が、自分自身に影響を与えていることが納得できていないと、スピリチュアルコーチングをしていて、クライアントや、まわりの人からの信頼を勝ち取ることができません。

二つ目のポイントは、自己信頼と他者信頼を持って、クライアントに関わることができるか、ということです。目に見えない情報を扱う仕事ですから、情報の正確さを証明することが難しくなることがあります。
それでも、直感で感じたことや、スピリチュアルな知識などが、自分やクライアントにとって、必要な情報であると信じることが重要です。クライアントが、もらった情報が腑に落ちて、何かアクションを起こせたかどうかは、スピリチュアルコーチングをしていく上で、大切なことです。

三つめは、意識的にクライアントに、働きかけることができるか、ということです。スピリチュアルコーチングをしていると、どのようにクライアントに働きかけるかで、クライアントがキャッチする情報が変わってきます。自分自身が、何を発信したかで、クライアントに影響する何かが変化するのです。
スピリチュアルな世界では、クライアントを幸せにするための働きかけをすることが、重要なポイントです。クライアントを第一に考えられるか、自分自身のエゴから自由になれるかは、常に問われています。

四つ目のポイントは、ニュートラルな状態で、クライアントに関わることができるか、ということです。クライアントは、自分が体験したことのないことを経験するために、スピリチュアルコーチングをしに来ます。
スピリチュアルコーチングをする側は、クライアントの体験に否定的になってはいけません。ニュートラルな姿勢で、クライアントの体験の本質へと、導くことが大切です。

また、クライアントの人生が、前向きになれるような気づきを与えることも必要です。

五つ目のポイントは、こちら側が、愛の状態を持って、クライアントに関わることができるか、ということです。スピリチュアルコーチングをする側は、自分も相手も受け入れて、セッションに臨むということです。クライアントに感情的に、反応してはいけません。

クライアントに対して、緊迫感を持ってしまうような場面でも、愛の状態を持ってすれば、クライアントもこちら側も、良い流れを作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です