好転反応

スピリチュアル関係に知識のある人であれば、好転反応という言葉を聞いたことがあるかもしれません。好転反応は、名前の通り好転している時に表れる反応です。自分の心や体が良い状態に上書きされている時に、精神的、もしくは身体的なマイナスの反応が表れることを指します。これは例えば、ウイルスが体内に侵入した時に吐き気や下痢の症状が起こることが好転反応に該当し、「一時的に辛い状態はあっても悪い反応ではなく、最終的に体を正常にする」と言えるでしょう。好転反応は、体を浄化している、自分を守ろうとしていると考えられているそうです。人数としては少ないですが、施術によっては好転反応が起こらない、という場合もあるそうです。好転反応がなくとも体が良くなっている場合もありますので、見極める必要があります。
好転反応の症状は、人によって様々とされており、その大小も異なります。精神的には急に自己否定感が強くなってしまう場合や、気分が沈む場合、身体的には、だるさや眠気を感じる場合や、風邪のような症状が出る場合があるそうです。その人の弱い部分に出やすいという傾向もあるそうです。大きな変化の前には、好転反応が表れます。この好転反応を悪いものとして「自分のやってきたことは間違っている」と判断してしまう場合も珍しくありません。あくまで一過性のものであるので、あまり神経質になりすぎず長い目で見て判断をした方が良いかもしれません。
好転反応は基本的に、2、3日程度とされているそうです。あまりに辛いと感じる場合には、一旦体を休めましょう。また、自分で好転反応だと思える症状でも、少しでも違和感がある場合や、日常生活に支障が出る場合には、すぐに医療機関に相談をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です