曖昧が正しい!?

霊能力者や占い師に同じ鑑定料を払うのなら、未来をズバリと言い当ててもらいたい、という人は多いでしょう。けれども、未来を言い当ててもらえれば、幸せになれるかというと、それがそうでもないのです。

どういうことか、説明をしていきましょう。

ある占い師に「今から、2年後に結婚できます」と鑑定をされたとします。すると、クライアントは、2年後には結婚できるんだ、と安心してしまい、婚活をしなくなったりするかもしれません。行くはずだった合コンやお見合いパーティに足を運ばなくなり、結論からを言えば、婚期を逃すことになってしまいます。

この場合、占い師は鑑定結果によって、クライアントが行動を変えてしまわないように、いつ結婚できるのかの時期までは言わないのが、好ましいと言えます。また、詳しく教え過ぎて、クライアントの言動を制限するのも考えものです。

ある霊能力者に「将来、カメラマンかデザイナーの男性と結婚します」と言われたとします。その後、カメラマンやデザイナー以外の男性と知り合っても、この人とは結婚できないと、諦めてしまう可能性も出てきます。

占い師や霊能力者の答えは、曖昧なほど名回答と言えるのです。

また、別のパターンでは、お見合いをする前日に霊能力者に会いに行ったら、「明日は、断られます」との鑑定をされます。お見合いに行く気も失せてしまいそうですが、「断られるけれど、お見合いには行って来て。そのお見合いをしないと、未来が変わってしまうから」と続いたとします。翌日、お見合いに行くと、やはり断られてしまいます。ですが、お見合いを無理矢理に持ってくる、迷惑な世話焼きおばさんとの縁が切れて清々した、という話もあります。未来を見据えた、絶妙なアドバイスだったと言えるでしょう。

占いの店によっては、曖昧な鑑定をウリにしているところもあります。一度、体験をしてみれば、当たる占いの感じが掴めることでしょう。相談者からの、質問を一切禁止している店もあります。

いずれにせよ、一度や二度の占いで、未来を知ろうとしないことが、鑑定を受ける際の心構えでしょう。

チャネラーの種類

チャネリングを行う人を、一般的にチャネラーと呼んでいます。チャネラーと言ってもチャネリングの方法は様々です。では、どのような種類があるのでしょうか。

まず大きく分けられるのが、チャネラーに「意識があるかどうか」の部分です。チャネリング中に、意識がなくなる、霊媒師に乗り移るようなパターンです。「イタコ」や「口寄せ」と言うと、分かりやすいと思います。世界では「シャーマン」とも呼ばれているそうです。現在のネイティブアメリカンなどにも、シャーマンを生業としている人が存在します。憑依している時のチャネラーに意識はなく、乗り移った状態で言葉を発するので「トランス・チャネリング」と呼ばれることもあるそうです。乗り移った状態で言葉を発することもあれば、本人の意思に関係なく言葉を紙に書き留める「自動書記」と呼ばれる方法もあるそうです。こちらも当然、チャネラーの意思とは無関係に動作を行っています。速いスピードで文字を書く写せる場合が多く、人によっては文字ではなく絵で表すこともあるそうです。どの方法にしても「チャネラー自身」に乗り移らせることで、答えを見つけるという方法になっています。どれを選んだからと言って、答えが大幅に変わってきたり、精度が変わることはありません。近いものでは「コックリさん」がありますが、これはチャネラーが複数必要になりますし、遊び半分で行うものではありません。

次に、チャネラー自身に意識がある場合です。チャネリング中にどのような話をしたのか、どのようなことを書き出したのか、しっかりチャネラーも記憶しています。これはチャネリングの中でも難しいと言われている方法で、できるチャネラーは限られていると言います。

チャネリングとは

スピリチュアル関係に興味のある人は、「チャネリング」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。チャネリングとは、一言で言うと「高次の霊的存在」などと交信し、その情報を伝達するということです。種類や方法はいくつもありませんが、日本では、「イタコ」や「口寄せ」というのも降霊をさせて、その内容を伝達しているので、ひとつのチャネリングと言えるでしょう。

チャネリング能力は、人間は誰でも持っていると考えられています。例えば「何となく悪い夢を見た」ということが現実に起こることは、チャネリングで高次元の部分から交信していると言われているそうです。このような人間本来が持った力を引き出し、チャネリングが出来るようになった人をチャネラーと呼んでいます。チャネリングの交信する相手は、高次元の意識体と呼ばれています。そのため、霊媒師が「今日は霊が降りなかった」と失敗するようなことはまず有りえません。もしチャネリングの失敗がある場合は、そもそもの技量不足である場合や、コンディションが悪い場合が考えられます。チャネリングをする能力のない、いわゆる「自称チャネラー」は、困った時に「今日のチャネリングは失敗だった」と言うことがありますが、これはあくまで逃げ道として使っているだけということが多いです。良いチャネラーと出会えれば、自分が本当に望んでいたものは何なのか、自分はどうしたかったのかの答えを探す手助けになるでしょう。また、高次元の存在は、霊と違って「悪霊」がいるわけではありません。間違って悪いものが憑いてしまった、体を悪くしてしまったということもないそうですので、安心してチャネリングを受けることができます。

 

まだまだあるスピリチュアルな力

私たちの日常生活に気づかないうちに存在しているスピリチュアルですが、実はまだまだ身近なところで活用されています。たとえば歌声や楽器をつかった音楽のエネルギー。音楽で人体のパワーを呼び戻そうとするサウンドヒーリングは、広い世代に人気です。歌声や楽器だけでなく、金属製の音叉の響きやクリスタルサウンドなどをつかったサウンドヒーラーと呼ばれる専門家が、悩みを抱える人たちの自然治癒力や免疫力アップを手助けするスピリチュアルです。また「チャクラ」という言葉を耳にしたことがある人がいるかもしれません。チャクラとは仏教やヒンズー教で用いられている用語で、人体の頭部や胸部、腹部などにあるとされる中枢を指す言葉です。そのチャクラに滞っているエネルギーや気を浄化して流すことで、心身のバランスを整えようとするエネルギーヒーリングと呼ばれるスピリチュアルワークがあります。近年ストレスを抱えたサラリーマンや中高年などに人気のスピリチュアルで、エネルギー不足を改善するために利用されています。チャクラに滞っている抑圧された感情を発散し、本来の活力ある状態を取り戻そうとするヒーリングです。受け手はこのヒーリングスピリチュアルによって健全な生命エネルギーを取り戻し、心身ともに満たされた状態になれるというわけです。エネルギーヒーリングには宇宙からエネルギーを集める宇宙エネルギーヒーリング、神々への信仰心からエネルギーを導き出す神聖エネルギーヒーリング、精霊からエネルギーを賜る精霊エネルギーヒーリングなど様々あります。目に見えないものを見る力を利用したチャネラーヒーリングや透視ヒーリングなども大変興味深いものです。

本音で理想をイメージしよう

人生の目標になるようなライフワークとは、一体どんなものなのでしょう。もちろん人によって様々です。自分の個性や生き方をじっくり見据えて考えなければなりません。自分の未来図を描くことは簡単なことではありませんから時間がかかるかもしれません。とはいえ始めが肝心です。まずは大きな理想でもかまいませんから正直に描いてみてください。「世界平和をめざす取り組みがしたい」「困っている人を助けられる人間になりたい」「社会貢献できる仕事がしたい」など抽象的でもよいでしょう。初めはとにかく大きなテーマでもかまいいません。漠然とした理想でもよいので自分の心の底から沸き起こってくるシンプルな願いを素直に書きだしてみましょう。

自分の本音が見えてきたら、その次に少しずつ具体的にしていけばよいのです。できることから一つずつ具体的にしていく中で、自分に合うライフワークが見えてきたり、自分でも気づかなかった本当の自分を発見したりするでしょう。実際に大きな理想を描くことから始めた人のなかには、新たな自分の本心に気づいたという人、またボランティアを通してライフワークを見つけたという人、悩みが多かった暮らしが明確なライフワークをもつことで変化しはじめたという人など様々です。まうは大きな理想を描いてみる。その際に覚えておいて欲しいのは、社会の常識や世間体、人間関係などといった現実からは自由になって考えてみるということです。あなたの心の殻をやぶって自由な気持ちで自分自身に語りかけてみることです。「もしも~できたらどうする?」「もしも~だったら?」などと現実離れした内容でもかまいません。自由に発想することで希望へのイメージが生まれてきます。やがて理想を引き寄せる力まで湧いてくるのです。

 

セラピー系の仕事

「セラピー」と呼ばれているスピリチュアルなお仕事は、ある意昧、心理カウンセリングと似た面があります。 また、 セラピーにはたくさんの種類がありますが。それらに共通するセラピーの目的は、 おもにクライアントの悩みを解決することです。

悩みの内容は、心身の健康、人間関係、仕事、転職、恋愛、夫婦関係、進学、生きがい、才能、お金に関することなどさまざまです。クライアントのこのような問題を解決するために、スピリチュアル業界では、さまざまなセラピーが開発されてきています。 通常のセラピーは1回につき、 1~2時間の時間を費やしてセッションを行な います。最近は、「スカイプ」や「ズーム」といったインターネットツールを使って、クライアントが離れた場所にいる場合でもセラピーが行なえるようになっています。 なお、セラピーを行なう人のことを、 スピリチュアル業界では「セラピス卜」と呼びます。

セラピーのなかでも、クライアント自らが体験していただくことのできる唯一のセラピーがヒプノセラピーです。 ヒプノセラピーとは、クライアントを変性意識状態(日常的な意識状態以外の意識状態)に誘導して、潜在意識にある情報にアクセスし、週去の卜ラウマ(心の傷)を癒し、クライアントの本来の望んでいる状態へと回復させるために行なうものです。

また、クライアントの未来の可能性や、潜在意識にある才能を引き出してあげるときにも、このセラピーを使います。クライアントの生まれる前や過去世の情報を受けとり、その人の人生に役立てるといったことも実施します。ちなみに、このセラピーは、 一、二度のセッションだけで終わるものでなく、通常、3ヶ月~1年の長い期間をかけて行ないます。

 

人のオーラ判断

 人のオーラが見えるという人が時々いる。あなたはそういう人に出会ったことはおるだろうか。私はごく普通の女子高生だが、人のオーラが見えるという女の子にあったことがある。その子には、私のオーラは緑色と言われた。外見からすると情熱的な赤かと思われがちだが、実は緑には平和主義という意味があり、また気学では「四緑木性」と言って木を現わす星なので、あながちでたらめでもなさそうだ。その他、子ども心を現わすイエロー、紫などは高貴な意味あいがあったりする。赤はよくいうと情熱的、悪くいうと攻撃的だったりする。また、もともと本人の性格から醸し出されるオーラの色もあれば、その時々の感情によってもオーラの色は変わるであろう。先にイエローは、子供心を現わすと言ったが、子ども相手の職業の人には、オーラが黄色や明るいオレンジなど子供が発するオーラに近い人が多いのだと思う。そう考えると面白い。

癒し系ボディーワークの仕事

スピリチュアルなスキルで一番わかりやすいのが、癒し系のボディーワークです。これは、クライアントの身体に触れ、施術を行なうマッサージのような仕事です。

・アロママッサージ
癒し系ボディーワークの仕事には、 いくつかの種類がありますが、なかでも、精油を使ってマッサージをする「アロママッサージ」が誰にでも体験してもらいやすく、人気もあります。最近では、駅前などにあるマッサージ屋さんにも、このアロママッサージがとり入れられているほどです。 アロママッサージの目的は、リラクゼーションだけではありません。クライアントの頭をすっきりさせること、リンパを流すこと、眼球疲労をなくすこと、身体の痛みをやわらげること、ダイエットなどなど、さまざまな目的があります。使う精油によって、効能が異なるからです。

・経絡マッサージ
癒し系ボディーワークのなかには、「経絡マッサージ」というものもあります。経絡というのは、身体のなかに流れている「気の通り道」です。指圧などではツボを押して凝りや疲労をほぐしますが、経絡マッサージは、気の流れをよくすることで凝りや疲労をほぐします。この経絡マッサージは、東洋医学の流れからきているマッサージ法です。

・霊気

マッサージはせず、身体に触れて気を流す癒し系ボディーワークもあります。 この霊気は、手で身体に触れて気を流す手法です。その人の気を流してあげる ことによって、身体の痛みや滞っている部分を軽くしてあげるという施術です。

スピリチュアルキャリア

スピリチュアル・キャリアは現実的に見ても、生涯現役でできるキャリアであり、高収入なコンサルティングと比較しても、同じぐらいの売上げを得ることができるキャリアです。

スピリチュアル・キャリアは、これから消えていくといわれている経理や事務系の職業よりは、将来長きにわたって続けられる職業といえると私は思っているのです。

スピリチュアル業界を知らない人のほうが圧倒的に多いとは思いますが、実は、大きな本屋さんに行けば、そのジャンルの本のコーナーがあります(「スピリチュアル」や「精神世界」という名前のコーナー名で探してみてください)。そして、今、本屋さんでは、全体の売上げが右肩下がりになっているのにもかかわらず、スピリチュアルな本の売上げは右肩上がりです。そういう意昧でも、スピリチュアル業界は、これから間違いなく多くの人に知っていただける業界になっていくことは間違いないでしょう。

そんなスピリチュアル業界でお仕事をするには、まず仕事ごとの『スキル』を習得する必要がおります。
といってもそれは、自動車の運転免許をとって運転ができるようになるのと同じで、誰でも学ぶことでそのスキルを磨くことができます。スピリチュアルな仕事といっても、多種多様な種類があります。あなたが一番ピンときた仕事の スキルを学んでいくといいかもしれません。

手始めに、自分が出来ることからスタートしてみる

新しいことに取り組みたいと考えているとしましょう。

 

ぼんやりとしたイメージしかなくて、何から手を付けていいか分からない。
そもそもよく知らない世界なので、何をしたらよいか分からない。
そういった場合、まずは思い切って、手始めに自分が出来ることからスタートするというのが第一歩なのかもしれません。

なぜなら「やりたい」と思っているだけでは、なかなか物事は動かないものだからです。
実際に動き始めない限り、基本的には物事ははじまりません。

例え小さなことでもコツコツと続けていくことで、経験が蓄積されていきます。
また続けることにより、人との縁が繋がることもあります。
これにより、始める前には見えなかったものが見えたり分かったりする可能性もあるでしょう。